電車(国鉄/JR) 【近郊形電車】 ブラスモデル

国鉄/JR北海道711系

JR北海道711系「新塗装」


【711系0番代】

JR北海道711系「新塗装」

クハ711-0

JR北海道711系「新塗装」

モハ711-50

JR北海道711系「新塗装」
JR北海道711系「新塗装」

前照灯(4灯)にはチップLEDを搭載。

JR北海道711系「新塗装」

屋根上前照灯に小型チップLEDを用いることで、室内への部品の張り出しを
最小限に抑えています。

西武鉄道9000系「黄色塗装」   西武鉄道9000系「黄色塗装」

前照灯・尾灯点灯時の写真です。

JR北海道711系「新塗装」

室内灯はエンドウ室内灯(チップLEDタイプ)を搭載。

JR北海道711系「新塗装」

今回より711系は室内インテリアを搭載。

縮尺1/80・16・5mmゲージ鉄道模型 -JR北海道商品化許諾済-

完成品インテリア付き仕様・・・

0番代・100番代 2015年8月発売となりました。

100番代新塗装 10月発売となりました。

※ 当製品は、主材料に真鍮などの金属を使用した、ブラスモデル(金属製模型)です。

セット内容・価格 【 完成品インテリア付き
ES269 711系0番代 3輌セット 200,000円+税
ES270 711系100番代  3輌セット 200,000円+税
ES271 711系100番代 新塗装3輌セット 210,000円+税
ES272 711系100番代 新塗装クーラー搭載車3輌セット 240,000円+税


※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合もあります。

実車について

711系は北海道初の「交流近郊形電車」として昭和43年(試作車は昭和42年)に登場しました。前照灯増設(4灯火化)後の国鉄時代と新塗装(晩年)時代をモデルとします。

模型製品について

前頭部は真鍮絞り+プレス加工、ボディーも主に真鍮素材にて製作。
前照灯(4灯とも)・尾灯は点灯。
室内灯は新開発エンドウ室内灯(チップLEDタイプ)を搭載。
パンタグラフはPS-103(登場時)、シングルアーム(新塗装)。
動力はキヤノンEN-22一般型両軸モーター+Φ10.5mm車輪+WB26mmMPギヤを搭載。
台車はダイカスト製DT-38・TR-208。中間連結器はエンドウ伸縮カプラー。
ワイパー・車番レタシール等はお客様お取り付け。
クーラー搭載車の屋上歩み板色は、屋根色より若干濃いめのネズミ色を予定。
(上記は現在の予定仕様です。今後変更となる場合があります)

編成例
編成例