電車(国鉄/JR) 【特急形電車】 ブラスモデル

JR東日本485系3000番代

写真はクハ481-3000(金沢寄り)

写真はモハ484-3000

写真はモハ485-3000

写真はサロ481-3000

写真はモハ484-3000(車椅子対応車)

写真はモハ485-3000(電話室付き)

写真はクハ481-3000(越後湯沢寄り)

JR西日本485系「雷鳥」   JR西日本485系「雷鳥」

写真は前照灯点灯時です

 
写真は尾灯点灯時です

上記写真はいずれも「はくたか」用車輌です

縮尺1/80・16・5mmゲージ鉄道模型 –JR東日本商品化許諾済–

完成品インテリア付き仕様・・・

2016年1月「はくたか」発売となりました
2016年2月「いなほ」「北越」発売となりました
2016年3月「はつかり」「白鳥」発売となりました

※ 当製品は、主材料に真鍮などの金属を使用した、ブラスモデル(金属製模型)です。

セット内容・価格 【 完成品インテリア付き仕様
ES277 いなほ 6輌セット 400,000円+税
ES278 北越 6輌セット 400,000円+税
ES280 はくたか 9輌セット 567,000円+税
ES279 はつかり 6輌セット 400,000円+税
ES288 白 鳥  6輌セット 400,000円+税

※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合もあります。

実車について

485系3000番代は485系を改造及びグレードアップさせて誕生した車両です。
車体のスタイルは先頭車前面にFRP(ガラス繊維強化プラスチック)製のマスクが取り付けられ、大きくイメージチェンジしました。
室内も大幅なリニューアルが施され、ぐっと落ち着いた雰囲気になっています。
「はつかり」の車両は、青函トンネル内では最高時速140キロで走行していました。

模型について

前頭部は真鍮絞り+ロストワックス、ボディーは主に真鍮素材にて製作。
室内灯はエンドウ室内灯(チップLEDタイプ)を搭載、前照灯・尾灯は点灯。
台車はDT-32・TR-69、パンタグラフはイモン製PS-16H、PS-26A(「はつかり」「白鳥」片側のみ)。
中間部連結器はエンドウ伸縮カプラー。
動力はキヤノンEN-22一般用両軸モーター+Φ10.5mm車輪+WB26mmMPギヤを搭載。
座席(リクライニングシート)のシートカバーを表現。
愛称板と側面方向幕:「いなほ」は秋田行き、「はくたか」「北越」は金沢行き、「はつかり」「白鳥」は函館行きを貼り付け予定。
(上記は現在の予定仕様です。今後変更となる場合があります)

編成例
編成例