電車(国鉄/JR) 【特急形電車】 ブラスモデル

国鉄485系初期型

国鉄485系初期型

写真はクハ481-0

国鉄485系初期型
写真はクハ481-100
国鉄485系初期型
写真はクロ481-0
国鉄485系初期型
写真はクロ481-100
国鉄485系初期型

写真はモハ484

国鉄485系初期型

写真はモハ485

国鉄485系初期型

写真はサロ481

国鉄485系初期型

写真はサハ481

国鉄485系初期型

写真はサシ481

縮尺1/80・16.5mmゲージ鉄道模型

完成品インテリア付き仕様・・・ 2010年7月発売となりました
※当製品は、主材料に真鍮などの金属を使用した、ブラスモデル(金属製模型)です。
セット内容・価格 【 完成品インテリア付き仕様 】
E601

クハ481-0 (ボンネット)

55,000円+税
E602

クハ481-100(ボンネット)

55,000円+税
E603

クロ481-0 (ボンネット)

55,000円+税
E610 クロ481-100(ボンネット) 55,000円+税
E604 モハ484-0(M) 55,000円+税
E605 モハ484-0(T) 46,000円+税
E606 モハ485-0 34,000円+税
E607 サロ481(1〜51) 34,000円+税
E608 サハ481 34,000円+税
E609 サシ481(1〜39) 34,000円+税

※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合もあります。
実車について

485系は3電源(直流/交流50・60Hz)区間を直通運転する為に誕生しました。初期型の先頭部は151系等と同様にボンネット型となっているのが特徴です。

 
模型について
国鉄485系初期型

前頭部は真鍮プレス+ロストワックスにて製作
車体及び妻板もプレス加工にて製作
室内灯はユニットライトB(LED)仕様に変更
AU12クーラーをホワイトメタル製に変更
台車はダイカスト製DT-32、TR-69。パンタグラフはPS16B
動力装置はキヤノンモーターEN22一般用両軸+MP26ミリΦ10.5ミリプレート車輪
中間車連結器はカツミ製品ACEカプラー