電車(国鉄/JR) 【特急形電車】 ブラスモデル

国鉄151系「こだま」

国鉄151系「こだま」
国鉄151系「こだま」
国鉄151系「こだま」
国鉄151系「こだま」

写真はAセットの試作品です。

国鉄151系「こだま」
国鉄151系「こだま」
国鉄151系「こだま」

写真はBセットの試作品です。

国鉄151系「こだま」
国鉄151系「こだま」
国鉄151系「こだま」

写真はCセットの試作品です。

国鉄151系「こだま」

写真はサロ150の試作品です。

国鉄151系「こだま」

写真はサロ151の試作品です。

国鉄151系「こだま」

写真はサハ150の試作品です。

縮尺1/80・16・5mmゲージ鉄道模型

完成品インテリア付き仕様・・・

2011年9月発売となりました。
2013年7月発売となりました。

(サロ150・サロ151のみ)

※ 当製品は、主材料に真鍮などの金属を使用した、ブラスモデル(金属製模型)です。

セット内容・価格 【 完成品インテリア付き仕様 】
ES181

151系「こだま」基本4輌Aセット

(クロ151+モハ150+モハ151M+クハ151)
240,000円+税
ES182

151系「こだま」中間増結3輌Bセット

(モハシ150前期型+モハ151M+サハ150)
145,000円+税
ES183

151系「こだま」中間増結3輌Cセット

(モロ151M+モロ150+サシ151)
145,000円+税
E315 サロ150(回送運転台取り付け改造後) 34,000円+税
E316 サロ151 34,000円+税
E317 サハ150 34,000円+税

※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合もあります。
実車について

151系(落成当時は20系として8両編成3本)はビジネス特急として東海道線に「こだま」としてデビューしました。その後、順次増備され東海道新幹線か開業するまで東海道本線を疾走しました。

模型について

エンドウでは151系全盛期のクロ151パーラーカーを含む編成をモデルとして製作いたしますが、実車の仕様と差異がある事もございますがご了承下さい。
モハシ150は前期型をモデル
車体及び妻板は真鍮プレス加工にて製作
室内灯はユニットライトB(白色LED)仕様
前照灯、尾灯、愛称板(ヘッドサイン)は点灯
ヘッドサインは「こだま」を取り付け済み
パンタグラフはPS-16
台車は新規製作DT-23・TR-58
動力装置はキヤノンコアレスモーターLN-15両軸+MP26ミリΦ10.5ミリプレート車輪
連結器はモデモ製伸縮カプラー(別途お買い求めにてドローバーのみに交換可能)
ワイパー・バックミラー・ハーフガーランドベンチレーター(クロ151/クハ151)・電話アンテナ(モハシ150)各種レタシール等は別袋(お客様お取り付け)
2013年に新規製作し販売した形式はサロ150・サロ151のみです。塗装色は出来るだけ現在発売中の製品に合わせるよう努力しておりますが、残念ながら一致することは技術的に出来ません。多少塗装色が異なりますので予めご了承願います。
(上記は現在の予定仕様です。今後変更となる場合があります)

編成例
編成例