気動車(国鉄/JR) ブラスモデル

JR北海道キハ281系「スーパー北斗」

JR北海道キハ283系 キハ283奇数

実車の写真です。

縮尺1/80・16・5mmゲージ鉄道模型 -JR北海道商品化許諾申請中-

完成品インテリア付き仕様・・・

2018年2〜3月頃発売予定

※ 当製品は、主材料に真鍮などの金属を使用した、ブラスモデル(金属製模型)です。

セット内容・価格 【 完成品インテリア付き仕様
D8141 キハ281-0(札幌方・座席青) 予価88,000円+税
D8151 キハ281-0(札幌方・グレードアップ座席) 予価88,000円+税
D8161 キハ281-0(函館方・座席青) 予価88,000円+税
D8171 キハ281-0(函館方・グレードアップ座駅) 予価88,000円+税
D8181 キハ280-0(M準・グレードアップ座席) 予価58,000円+税
D8191 キハ280-100(M・座席青) 予価68,000円+税
D8201 キハ280-100(M・グレードアップ座席) 予価68,000円+税
D8211 キロ280 予価58,000円+税
D8221 キハ281-900(札幌方・座席青) 予価88,000円+税
D8231 キハ280-900(M・座席青) 予価68,000円+税

※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合もあります。
実車について

キハ281系は1994年から営業運転を開始した振り子式特急形気動車で、JR北海道の高速特急形気動車の先駆けとも言える車輌です。
通常は7輌編成で運用されていますが、気動車ならではの先頭車が中間に入る等の多彩な運用バリエーションが大きな魅力で、別形式キハ283系を組み込んでの運用もなされました。
今回はグレードアップ指定席導入後の姿を模型化します。
キハ281とキハ280-100は自由席の青い座席とグレードアップ座席を分けて設定しますので、お好みに応じてお選びください。

模型製品について

・主に真鍮素材を使用して製作、前頭部は真鍮絞り+ロストワックス、ボディーはエッチング+プレス加工の予定
【室内灯】エンドウ室内灯(チップLEDタイプ)
【前照灯・尾灯】点灯(ON/OFFスイッチ付)
【連結器】先頭部は密着連結器(電連付)、中間部はエンドウ伸縮カプラー
【台車】N-DT281(900番代は台車を量産車相当品交換後の姿)
【動力】キヤノン製LN-15両軸モーター+φ10.5mmプレート黒車輪+WB26mmMPギヤ
【その他】ワイパー・車番レタシール等はお客様お取付、方向幕は「スーパー北斗 函館」行き、先頭車には増結再現用にドローバー添付予定

(上記は現在の予定仕様です。今後変更となる場合があります)

編成例
編成例