気動車(国鉄/JR) ブラスモデル

JR東海キハ75系

JR東海キハ75系 製作途中の1次型の車体
JR東海キハ75系 製作途中の1次型の車体

写真は1次型「快速みえ」キハ75-0(M)です。

JR東海キハ75系 製作途中の1次型の車体
JR東海キハ75系 製作途中の1次型の車体
JR東海キハ75系 2次型快速「みえ」   JR東海キハ75系 2次型快速「みえ」

写真は1次型「快速みえ」キハ75-100です。

縮尺1/80・16・5mmゲージ鉄道模型 -JR東海承認済-

完成品インテリア付き仕様・・・

1次型 2015年2月発売となりました。

2次型 2011年6月発売となりました。

※ 当製品は、主材料に真鍮などの金属を使用した、ブラスモデル(金属製模型)です。


セット内容・価格 【 完成品インテリア付き仕様
DS029 1次型「快速みえ」2輌セット(M)
キハ75-0M+キハ75-100
160,000円+税
DS030 1次型「快速みえ」2輌セット(M準)
キハ72-0(M準)+キハ75-100
150,000円+税
DS016 2次型「快速みえ」2両セット(M)
キハ75-200M+キハ75-300
145,000円+税
DS017 2次型「快速みえ」2両セット(M準)
キハ75-200(M準)+キハ75-300
135,000円+税
DS018 2次型「武豊線」2両セット(M)
キハ75-400M+キハ75-500
145,000円+税

※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合もあります。
実車について

快速「みえ」(名古屋〜鳥羽)は国鉄より継承したキハ58・65系気動車にて運用されておりましたが、車両の老朽化に伴い置き換えを目的として1993年に誕生したのがキハ75系です(0・100番代)。
1999年より2次車(200・300番代)を製作し、快速「みえ」の増発及び急行「かすが」の車両を置き換えました。さらに2次車を元にワンマン対応(400・500番代)した車両を武豊線(一部は名古屋駅乗り入れ)にも投入してキハ40系気動車との置き換えを完了しました。
車両は1次型(0・100番代)、2次型(200・300番代)と2次型(400・500番代ワンマン対応)があります。1次型と2次型の大きな相違は貫通扉上に前照灯が増設された事です。

模型製品について

前頭部は真鍮絞り。車体及び妻板等は真鍮エッチング+プレスにて製作
前面ステップ、防護無線アンテナ、排気管、スカート、胴受け、トイレタンク等はロストワックス。
ホロ枠、クーラー、クーラー脇ダクトカバー、ベンチレーター、床下器具等はホワイトメタル。
室内灯はユニットライトB(LED)仕様
台車はダイカスト製C-DT57を加工して使用。
動力装置はキヤノンモーターLN15両軸+MP26ミリΦ10.5ミリプレート車輪
先頭部連結器は密着自動連結器(電連付き)
2次型:中間部連結器はドローバー
1次型:中間部連結器はエンドウ伸縮カプラー

方向幕は「快速みえ・鳥羽」「区間快速・武豊」を貼り付け
快速「みえ」の側面号車幕はMセットが1・2号車。M準セットが3・4号車となります。
車番レタシール・ドア締め切り表示器(武豊線ワンマンのみ)はお客様お取り付け。模型車輌の製作上、ワイパーは添付いたしませんので予めご了承下さい。

編成例

編成例