機関車(国鉄/JR) ブラスモデル

国鉄EF62 1次型 2次型

国鉄EF62 1次型
国鉄EF62 1次型
写真は1次型です。
国鉄EF62 2次型
国鉄EF62 2次型
写真は2次型です。

縮尺1/80・16・5mmゲージ鉄道模型

完成品・・・ 2012年5月発売となりました。

※ 当製品は、主材料に真鍮などの金属を使用した、ブラスモデル(金属製模型)です。

セット内容・価格 【 完成品 】 価格決定しました
L621 EF62 1次型 180,000円+税
L622 EF62 2次型 180,000円+税

※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合もあります。
実車について

信越本線(横川-軽井沢間)の運転方式を「アプト式」から「粘着運転式」に変更する際にEF63型と共に誕生したのがEF62型電気機関車です。1次型(2〜24号機)が昭和38年に、2次型(25〜54号機)が昭和39年〜44年にかけて製造されました。

模型について

主に真鍮素材を使用して製作
前照灯及び尾灯は点灯
台車はダイカスト製DT-124
パンタグラフはエンドウ製PS-17
動力装置はキヤノンモーターEN22両軸+機関車用MPギヤシステム
連結器はケーディーカプラー156
(上記は現在の予定仕様です。今後変更となる場合があります。)

別売部品について

#6161 車輪付きMPギヤ機関車用-G(EF62用台車&MPギヤセット)の発売いたします。
今回完成品製作に際し、ギヤタワー部の位置を第2動輪から第1動輪に、それに伴い床板も変更となりました。その為に今回は床板も付属いたします(1次型用・2次型用各1枚)
リーフレットはこちら(PDF)>>>

1997年発売の車体キットに使用されるお客様へ(エンドウでは変更作業はお受けできません)
上記のように完成品に製作に伴い仕様変更されております。#6161 車輪付きMPギヤ機関車用-G(EF62用台車&MPギヤセット)をお買い求めの際は下記項目をご了解下さいます様お願いいたします。
床板は別売部品に添付の床板をご使用下さい。
 (現在お持ちの車体キット床板は使用できません)

運転室仕切り板にギヤタワー部が干渉するために一部分欠きとりが必要となります。
 (運転室仕切り板を外す方法もございます)