客車(国鉄/JR) ブラスモデル

国鉄マニ50・30

国鉄マニ50・30
国鉄マニ50・30
写真はマニ50試作品です。
国鉄マニ50・30
国鉄マニ50・30
写真はマニ30試作品です。
国鉄マニ50・30
写真はモトトレインの試作品です。

縮尺1/80・16・5mmゲージ鉄道模型

完成品・・・ 2011年2月発売となりました。

※ 当製品は、主材料に真鍮などの金属を使用した、ブラスモデル(金属製模型)です。

セット内容・価格 【 完成品 】
P503 マニ50 48,000円+税
■P504 マニ50(モトトレイン)

53,000円+税

P530 マニ30 50,000円+税

※■ マークはモデルプラザ・エンドウ及び天賞堂銀座店にての限定販売商品です。
※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合もあります。
実車について

マニ50は老朽化した旧型荷物客車の置き換え用として1977年より製作されました。
鉄道荷物輸送廃止後はほとんど廃車となりましたが一部は救援車や控車として使用されています。

マニ30は現金輸送車マニ34系(マニ30-2001〜2006)の置き換え用として製作されました。
模型製品について
国鉄マニ50・30

マニ50は連結器をケーディーカプラーに仕様変更して製品化いたします。
今回新規に現金輸送車マニ30の2007番以降を国鉄時代にて製作いたします。
両妻板は真鍮絞り+プレス加工にて製作。車体も真鍮プレス加工にて製作。
ホロ枠、床下器具(一部)、等はホワイトメタル。
ジャンパー連結器、胴受け、縦樋(マニ50)、ループアンテナ(マニ30)等はロストワックス
室内灯はユニットライトA(電球仕様)マニ50のみ。
台車はダイカスト製TR-230。
モトトレインの「ロゴマーク」は貼り付け済み。
床板に尾灯のON/OFFのスイッチつき(OFFにしますと前後両方向とも消灯します)

包装形態

こちらの商品の緩衝材はスチロールから、環境に優しい新緩衝材(ワンダーエコ)となります。