私鉄気動車 ブラスモデル

南海10000系

南海10000系

出典:RailStation.net

縮尺1/80・16.5mmゲージ鉄道模型  –南海電鉄株式会社商品化許諾申請中-

2020年11月頃発売予定  

※ 当製品は主材料に真鍮などの金属を使用した、ブラスモデル(金属製模型)です。

セット内容・価格 【 完成品 】
EP2081 南海10000系 新塗装(改造中間車)4両Aセットト 374,000円(税込)
EP2091 南海10000系 新塗装(新造中間車)4両Bセット 374,000円(税込)
EP2101 南海10000系 リバイバル塗装4両Cセット 363,000円(税込)
EP2111 南海10000系 新塗装2両Dセット 209,000円(税込)
EP2121 南海10000系 旧塗装2両Eセット 203,500円(税込)
9322 南海10000系改造中間車4輌編成セット組み立てキット 215,600円(税込)
詳細はこちら
9323 南海10000系新造中間車4輌編成セット組み立てキット 215,600円(税込)
9324 南海10000系前面ドア取っ手大2輌編成セット組み立てキット 107,800円(税込)
9325 南海10000系前面ドア取っ手小2輌編成セット組み立てキット 107,800円(税込)

※発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合があります。

実車について

南海10000系は1985年に登場した四国航路接続特急「サザン」用車両で当初は2輌固定編成で運転されていましたが、後に4輌編成化改造が施され、普通電車と連結して運用されるようになりました。今回エンドウではこの10000系を新造中間車を加えた4輌編成と中間車改造された先頭車を含む4輌編成、登場時の旧塗装2輌編成にリバイバル塗装編成など各タイプを作りわけをしながら製品化してまいります。
新塗装車は車体を彩るストライプを発売中の6000系、9月発売予定の7000系同様、特殊印刷技術にてシャープに再現いたします。

模型について

・主に真鍮素材を使用して製作
【前頭部】ロストワックス ボディはプレス加工
【室内灯】エンドウ室内灯(チップLED仕様)    【前照灯・尾灯】点灯
【連結器】先頭部:ケーディーカプラー 中間部:エンドウ伸縮カプラー
【台車】 FS-528/FS-028(ロストワックス製)   【パンタグラフ】PT-48(IMON製)
【動力】キヤノン製EN22一般用両軸モーター + Φ10.5㎜波打車輪 + MPギヤを搭載
【その他】ワイパー・車番レタシール等はお客様お取付け
(上記は現在の予定仕様です。今後変更となる場合があります)


南海10000系サザンの開発中情報はこちらからどうぞ>>>

編成表
南海10000系