私鉄電車 ブラスモデル

西武鉄道6000系50番代

クハ6050

モハ6950

モハ6850

サハ6750

パンタグラフはPT-43、台車は新規製作ダイカスト製SS150を搭載

側面帯、西武マークは特殊印刷機で表現、車外スピーカーは別貼品を採用

1号車 テール   1号車 ヘッド

前照灯・尾灯点灯時の写真です。

縮尺1/80・16・5mmゲージ鉄道模型 -西武鉄道商品化許諾申請中-

完成品・・・

2016年2月「通常塗装」発売となりました
     3月「黄色塗装」発売となりました

※ 当製品は、主材料に真鍮などの金属を使用した、ブラスモデル(金属製模型)です。

セット内容・価格 【 完成品 】
EP150 「通常塗装」10輌セット 420,000円+税
EP151

「通常塗装」短縮4輌セット

198,000円+税
EP152 「黄色塗装」10輌セット 420,000円+税
EP153

「黄色塗装」短縮4輌セット

198,000円+税

※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合もあります。
実車について

6000系は、東京メトロ有楽町線との相互直通運転対応車として1992年に登場しました。
10両固定編成の通勤車両で、VVVFインバータ装置により誘導電動機を駆動するハイテク・省エネ車両です。快適な空調、車内案内表示器、自動放送、ドア開閉予告チャイム、車いすスペースなどのサービス設備も充実しています。
今回はアルミ車の6057編成をモデルとし、通常塗装に加えて「黄色のラッピング塗装(西武鉄道の前身「武蔵野鉄道」時代から起算して開業100周年を記念した特別塗装)」タイプも特別に製作いたします。

模型製品について

主に真鍮素材にて製作、前頭部はロストワックス、ボディーは真鍮プレス加工にて製作
【前照灯・尾灯】点灯 
【パンタグラフ】PT-43 

【台車】新規製作ダイカスト製SS150
【室内灯】エンドウ室内灯(チップLEDタイプ) 

【連結器】先頭部:密着連結器、中間部:エンドウ伸縮カプラー
【動力】キヤノン製EN22一般用両軸モーター+φ10.5o車輪+WB26oMPギアを搭載
【その他】西武マーク、100周年記念マーク、通常塗装車の側面帯等は特殊印刷で表現
      サハ6450は簡易運転台の名残である、他車両と逆側に付いた貫通戸袋窓を
      こだわって再現します。
(上記は現在の予定仕様です。今後変更となる場合があります)

編成例
秩父1000系編成例