私鉄電車 ブラスモデル

三陸鉄道36-200形「現行仕様」

秩父鉄道 1000系導入当時塗装
秩父鉄道 1000系導入当時塗装
秩父鉄道 1000系導入当時塗装

屋根上にクーラーを搭載

秩父鉄道 1000系導入当時塗装

床下にはDMF13エンジンを搭載

秩父鉄道 1000系導入当時塗装

台車はDT-50、乗務員室脇の手すりを青・赤に塗り分けています。

縮尺1/80・16・5mmゲージ鉄道模型 -三陸鉄道株式会社商品化許諾済-

完成品・・・

2016年10月発売となりました

※ 当製品は、主材料に真鍮などの金属を使用した、ブラスモデル(金属製模型)です。

セット内容・価格 【 完成品 】
D038 三陸鉄道36-200(M)現行仕様 86,000円+税
D039

三陸鉄道36-200(M準)現行仕様

76,000円+税
D040 三陸鉄道36-200(M)登場時タイプ 81,000円+税
D041 三陸鉄道36-200(M準)登場時タイプ 71,000円+税

※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合もあります。
実車について

三陸鉄道の主力車輌である36-200の「現行仕様」を模型化します。
前回は登場時の非冷房仕様を製作しましたが、今回は冷房化・DMF13HZ形エンジンへの換装・空気バネ式2軸駆動台車に交換される等の改造が施された現行仕様を製作します。
同時に、登場時タイプ非冷房車の再生産も行います。
現行仕様と登場時タイプともに、今回より乗務員室脇の手摺を青・赤で塗り分けます。

模型製品について

・主に真鍮素材を使用して製作、前頭部は真鍮絞り+ロストワックス
【室内灯】エンドウ室内灯(チップLEDタイプ)
【前照灯・尾灯】点灯
【連結器】ケーディーカプラーNo.153
【台車】ダイカスト製DT-50
【動力】キヤノン製LN-15両軸モーター+Φ10.5oプレート車輪+WB26oMPギヤを搭載
【その他】屋根上クーラーとベンチレーター、床下器具はホワイトメタル製 側面帯は特殊印刷で表現、ワイパー・車番レタシール等はお客様お取付け (上記は現在の予定仕様です。今後変更となる場合があります)